日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 竹矢

    茨城県 木工品・竹工品
    竹矢

    竹矢とは

    竹矢は、笠間や常陸太田市などの矢竹が使われ、強度と弾力があり折れにくいのが特徴です。矢竹は矢篠(やじの)とも言います。矢竹は伐採後、半年ほど天日乾燥し1年後に矢を作り始めます。良い矢を作るには、矯正(矯める)、色付け、木炭で特殊な釜を作り、均等に炙り矯め木で竹の素性を矯正することが必要です。

     

    歴史

    明治時代に石岡に移り住んだ笠間藩士の子小池義行が、弓矢職人を招き教えを請うたのが始まりと言われています。現在でもその子孫が弓矢作りを続けています。