日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 甲斐のぶお工房

    大分県 木工品・竹工品
    甲斐のぶお工房

    甲斐のぶお工房とは

    大分県湯布院の山間で、大分県産の孟宗竹(もうそうちく)や島根県産のミズメ材など、竹や木を用いてカトラリーを製作している甲斐のぶお工房。小さいサイズのカトラリーも多く、お子様用に使用しているファンも多いのが特徴です。 その理由は、自然素材の口当たりの良さはもちろん、使いやすさを追求し改良を重ねるこだわりが、デザインや使い心地に表現されています。

     

    歴史

    甲斐暢夫氏による大分県産の孟宗竹を使ったカトラリーを製造している工房。湯布院の時松辰夫氏に師事後、父である甲斐治夫氏の後を継ぎ別府で制作をはじめ現在に至ります。甲斐治夫氏は、日本のクラフト運動の創成期を築いた作家のひとりです。

    お問い合わせ

    甲斐のぶお工房
    http://www.kainobuokoubou.com/