日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 浮立面

    佐賀県 工芸品 木工品・竹工品
    浮立面浮立面

    浮立面とは

    浮立面は木目を生かして彫られた鬼のお面です。美しさと凄みにあふれ、近年では魔除けとして家に飾られることが増えています。鬼面を被り、笛や太鼓、鉦のリズムに合わせて勇壮に踊る「面浮立」という伝統芸能がこの地にはあり、面浮立を踊る際に使う面を浮立面と言います。

     

    歴史

    浮立面の起源は1530年頃、神埼郡田手畷(佐賀県神埼市)での戦。龍造寺家の豪将、鍋島平右衛門が一族郎党とともに鬼の面を着けて戦い、勝利を納め、そのままの姿で踊ったことが始まりと言われています。現存の浮立面で最も古いのは鹿島市飯田地区と矢の浦地区に残っている面で250年から300年前の作だと言われています。