日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 江戸木版画(浮世絵)

    東京都 工芸品 木工品・竹工品
    江戸木版画(浮世絵)

    江戸木版画(浮世絵)とは

    誰もが知る江戸文化の華、浮世絵。浮世絵には直に描いている肉筆画と木版で大量に刷る木版画があります。江戸木板画は、木版ならではの繊細ながら大胆な線、鮮やかな色使い、平面的な表現が特徴です。

     

    歴史

    木版画が生まれたのは江戸時代中頃。当初は墨絵に丹で着色した丹絵など、単色または数色の彩色でありました。その後多色刷りの錦絵が発案され、表現の幅が一気に広がったと言われています。江戸末期から明治初めにかけては、外来の化学染料も使われさらに鮮やかな色彩となりました。描かれる物は幅広く、美人がから役者絵、名所絵など。広告的な役割も果たし、庶民の生活になくてはならない物となっていました。