日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 欄間彫刻

    香川県 工芸品 木工品・竹工品
    欄間彫刻

    欄間彫刻とは

    部屋と部屋との境目や、部屋と廊下や縁側との境目に設けられ、採光、換気、装飾等を目的としたものを欄間と言います。欄間彫刻は、高松藩主・松平頼重を慕ってきた飛騨の木工職人によって伝えられたもの。木目を活かし、室内に日本の花鳥風月を取り入れた様は伝統の風格を感じさせます。

     

    歴史

    通風や採光のための欄間に彫刻を施した欄間彫刻は、寺院・神社・書院造りに取り入れられ、桃山時代から江戸中期に最も栄え、後に一般家庭にも普及しました。