日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 日光彫

    栃木県 工芸品 木工品・竹工品
    日光彫

    日光彫とは

    「ひっかき」と呼ばれる独特の三角刀を用い、線彫り、浮かし彫など様々な技法で彫り上げられています。手前に引いて彫る為、力強く男性的な仕上がりが特徴。東照宮で多くみられる牡丹をはじめとした菊、桜など植物模様が多くみられます。昭和後期までは栃木のトチノキを使っていたと言われています。

     

    歴史

    江戸時代、日光東照宮建造に際し集まった工匠たちが作り始めたといわれています。一大観光地である事からお土産産業として栄え、さらに海外にも輸出もされていました。