日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 戸河内刳物

    広島県 木工品・竹工品
    戸河内刳物

    戸河内刳物とは

    宮島細工を制作する過程で生まれました。西中国山地の木が自然の気象風土の関係で、木工細工に適した木であることに着目し、この地方から宮島へ材木を送っていたことが始まり。ノミや、やりがんなと呼ばれる専用の道具を使用し、削り出します。手作りのお玉杓子は「浮上お玉」として愛用されています。

     

    歴史

    戸河内刳物の起源は宮島細工にあります。藤屋大助が江戸時代後期に創始したと伝えられており、大正時代初期に福田李吉が宮島から材料の供給地である戸河内町(現:安芸太田町)に移住。戸河内刳物は、その技術を伝えたものであると言われています。

     

    写真提供:広島県