日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 我戸幹男商店

    石川県 地場産業 木工品・竹工品
    我戸幹男商店

    我戸幹男商店とは

    我戸幹男商店の漆器ほとんどは、拭漆という塗装工程によって仕上げられています。縦木取りを主流とし天然の素材が生み出す美しい木目と木地師がひとつひとつ丁寧に挽き上げた木地の完成度を重んじ、豪快に木目をみせる表現が特徴。我戸幹男商店では、轆轤挽きによる同心円という制約があるからこそ、シルエットへのこだわりには並々ならぬものがあります。伝統的な山中漆器の高い技術を活かした実用性と、日本の伝統的な和の美意識に基づき、無駄な要素を削ぎ落とし、普遍的に美しい形を追求しています。

     

    歴史

    この山中漆器は安土桃山時代の天正年間(西暦1573-1592)に、越前の国から山伝いに、加賀市山中温泉の上流約20kmの真砂という集落に諸国山林伐採許可状を持った木地師の集団が移住したことに始まります。その後、山中温泉の湯治客(滞留して特定の疾病の温泉療養を行うこと)への土産物として造られるとともに、江戸中頃からは会津、京都、金沢から塗りや蒔絵の技術を導入。木地とともに茶道具などの塗り物の産地として発展をしてきました。我戸幹男商店は、明治41年(1908年)石川県のろくろの町、山中温泉にて「我戸木工所」として創業しました。

     

     

    お問い合わせ

    我戸幹男商店
    http://www.gatomikio.jp/home.html