日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 宮島工芸製作所

    広島県 地場産業 木工品・竹工品
    宮島工芸製作所

    宮島工芸製作所とは

    宮島工芸製作所は、無塗装の天然木を使った様々なキッチンツールを職人の手で伝統を守り作り続けています。自然素材で出来たしゃもじは、化学的な嫌な匂いがせず、ほんのり漂う木の香りが、ご飯やおかずをいっそう美味しく引き立てます。種類はお米用の杓子以外にも様々な専門を持つ調理ヘラ、お玉やフライ返しなどがあります。

     

    歴史

    寛政の頃(1800年頃)、広島にある神泉寺の僧・誓真という人が、ある夜、弁財天の夢を見てその琵琶の形の美しい線から杓子を考察し、御山の神木を使って作ることを島の人々に教えました。この神木の杓子で御飯をいただけば、ご神徳を蒙り福運をまねくと伝えられています。

     

    お問い合わせ

    株式会社 宮島工芸製作所
    http://www.geocities.jp/miyajima_shamoji/