日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • ひば曲物

    青森県 工芸品 木工品・竹工品
    ひば曲物

    ひば曲物とは

    ひば曲物(まげもの)はヒバの丸太をそれを板状に割り、湯に通した後にゴロと呼ばれる道具でためていき、最後はヤマザクラの皮でとじて作られた容器。青森県の木として指定されているヒバは、耐久力があって樹脂成分が多く、水分がしみこみにくいのが特徴。それらを活かし曲物の材料として使われています。そのヒバを型枠を使わずに「ゴロ」と呼ばれる丸太に巻き付けるように少しずつ転がすことで、ゆるやかな曲線美が生み出されます。ヒバの木目を活かした曲物は、手作りの素朴さにあふれた工芸品です。

     

    歴史

    青森ヒバは200~300年かけゆっくり育成されます。その森林は、幼木、若木、天空へ伸びる大木、さらには広葉樹も混じり独特の温かさを感じさせる魅力があります。約100万年前ごろ、現在の「青森ヒバ」の祖先が出現したといわれています。