日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 讃岐提灯

    香川県 工芸品
    讃岐提灯

    讃岐提灯とは

    讃岐提灯は、香川県独特の秘伝一本掛けの技で竹ひごご変幻自在に操り、提灯と提灯を組み合わせて製作します。四国八十八ヶ所奉納提灯として生まれ寺社特有の図柄や紋様が用いられおり、極彩色に飾られた提灯が今なお神社仏閣に飾られています。讃岐提灯は、「明りの彫刻」として高い評価を受けています。

     

    歴史

    弘法大師が、中国から千二百年前に四国八十八箇所の奉納提灯として伝承したとされ、他県にない一子相伝の技が受け継がれてきました。この智恵のある技法により、全国のあらゆる伝統的な提灯も製作復元でき、讃岐うどん・龍・サンタクロース等の新しい明りの世界も開拓しています。