日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 讃岐かがり手まり

    香川県 工芸品
    讃岐かがり手まり

    讃岐かがり手まりとは

    香川の手まりは、讃岐三白(塩、砂糖、綿)のひとつである綿の糸を草木染めし、ひと針ひと針かがりながら、艶やかな幾何学模様を描き出します。現在では天然香料入りのまりなども作られています。

     

    歴史

    手まりは、平安時代に中国より伝えられたと言われており、子供の遊び道具として愛され、時代を経るうちに我が国独特の美しい文様が考案されました。