日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 桂の雛人形

    茨城県 工芸品
    桂の雛人形

    桂の雛人形とは

    人形の着物は西陣織の布で縫い合わせて作られ,人形の指先までも繊細な手作りの人形です。近年は,結城紬や淡水真珠など茨城県の工芸品を使用したひな人形も作成しています。

    人形の振り付け(動作をつける)と言われる,手先の変化や腕の曲がり具合などの一つ一つが人形に命を吹き込む職人の技術によって仕上げられています。

     

    歴史

    茨城県水戸市は明治中期ごろから代表的なひな人形の産地であり、水戸・水府雛作りを就業した人形作家の小佐畑喜士が戦後に旧桂村(現・城里町)阿波山で製造を始めたのが桂の雛人形です。