日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 川尻筆

    広島県 工芸品
    川尻筆

    川尻筆とは

    川尻筆は京筆の流れを汲み、しなやかな切っ先は草書やかな、日本画の精密画などに適しています。「練り混ぜ」という毛混ぜの技法が一般的であり、最初から最後まで一人の職人が製作しています。

     

    歴史

    川尻筆は呉市川尻町で作られており、江戸時代末期に上野八重吉が製造したのが始まりとされています。大量生産には向きませんが反面、高度な技術を必要としていることから出来上がった製品は高い品質の筆となります。

     

    写真提供:広島県