日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • SIWA|紙和

    山梨県 和紙 地場産業
    SIWA|紙和

    SIWA 紙和 とは

    山梨県市川大門にある和紙メーカー大直が、デザイナー深澤直人氏とともに立ち上げた「SIWA・紙和」。この名前には、紙の“シワ”と和紙の反対よみの“紙和”という意味が込められています。大直が開発した破れない和紙「ナオロン」を用い、くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、 紙の可能性を広げる日用品として、優しさと風合いをいかしたプロダクトを提案しています。

     

    歴史

    SIWAを展開する株式会社大直がある山梨県市川大門は、古くから和紙産業で栄え、戦国時代には武田信玄、江戸時代には徳川幕府に御用紙(ごようし)として紙を卸していました。

    現在は和紙を生産し卸売りをするだけの事業に疑問を持ったことから、それをきっかけに自社ブランド商品の製作にも取り組んでいます。

    お問い合わせ

    SIWA
    http://siwa.jp/