日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 高松和傘

    香川県 和紙 工芸品
    高松和傘

    高松和傘とは

    高松特産の手すき和紙と、塩江などの山間部で豊富にとれる竹材を使い、明治20年に岐阜産の日傘を参考に作られ始めた高松和傘。日本舞踊に使う舞傘や観光土産などとして、根強い人気があります。蛇の目や渦巻き、藤流れなどの伝統的図柄に加え、現代的デザインも多彩。ひとつひとつ、手作りならではの存在感を楽しめます。

     

    歴史

    高松和傘は明治20年頃に日傘の全国有数の名産地である岐阜の日傘を参考に作られ始められました。和傘が量産され、庶民の手の届くものになったのは明治時代以降、大正時代がピークだったようで、高松和傘は工程を分業にしたり1枚の和紙を貼り付けて作るなど、効率のよい作り方をしたためまたたく間に全国に広がったそうです。