日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 越前和紙

    福井県 和紙 工芸品
    越前和紙越前和紙

    越前和紙

    ぬくもりある優雅な肌合いと風格が越前和紙の特徴。それを実現させるのは、コウゾやミツマタ、カンピ、麻、トロロアオイなどの植物原料や流し漉きや溜め漉きなどの技法です。独特の曲線美、墨流しの模様は色の筆で作ります。日本最初のお札用紙に採用され、「福井藩札」や明治新政府の「太政官金札用紙」が漉かれたのもこの越前にある「五箇(ごが)」の地です。

     

    歴史

    約1500年以上前、岡本川の川上にお姫様が現れ、ここは田畑が少ないが清らかな谷、水に恵まれているので紙を漉くのがよいだろうと紙漉き技術を教えたと伝えられています。奈良時代までは仏教の写経用紙が主でしたが、公家武家の階級が使いだすと生産量も向上し、高品質紙がつくられるようになりました。