日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 讃岐獅子頭

    香川県 和紙
    讃岐獅子頭

    讃岐獅子頭とは

    香川の獅子頭は、顎、耳、取っ手など一部を除き、張子の手法が使われています。粘土の型に和紙を張り合わせ、型抜きをした後、胡粉や漆で素地を作り装飾を施します。軽量で丈夫な乾漆作りが大きな特徴です。

     

    歴史

    香川は全国でも獅子舞の盛んな地域です。神社の祭礼に使われる獅子頭は、応神天皇の時代に中国から渡来し、奈良時代に伎楽面となったものに由来すると言われます。