日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 西ノ内和紙(西ノ内紙) 

    茨城県 和紙
    西ノ内和紙(西ノ内紙) 西ノ内和紙(西ノ内紙) 

    西ノ内和紙とは

    西ノ内和紙は、大変強靭な和紙です。虫が付きにくく保存に適し、水に浸けても破れず字も滲まないと言われています。原料は茨城県北部の特産那須楮のみを使い、三椏や雁皮を加えず、他の楮と比べ繊維が細く光沢があるのが特徴です。

     

    歴史

    下野・常陸両国では古くから紙漉が盛んでありました。西ノ内和紙は、江戸時代水戸藩の専売品として広く伝わりました。徳川光圀編は「西ノ内紙」と自ら命名したこの紙を『大日本史』に使用。その丈夫さ、耐水性から障子や提灯紙としてはもちろん帳簿にも使われ、火事の際にはその帳簿を井戸に投げ込んで守ったと言われています。当時は西ノ内紙も「那須物」として売られており、幕末には烏山商人が流通を取り仕切っていた模様。明治に入っても選挙用紙に使われるなど、幅広く利用されていた事がうかがえます。