日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 烏山手すき和紙

    栃木県 和紙 工芸品
    烏山手すき和紙烏山手すき和紙

    烏山手すき和紙とは

    烏山手すき和紙は、烏山で漉かれる和紙の中でも有名な程村紙(ほどむらがみ)です。楮紙という楮(こうぞ)で作った厚手上質の和紙であり、地元の良質な那須楮を使い緻密で厚手な紙です。烏山和紙、程村紙とも呼ばれます。

     

    歴史

    鳥山下野・常陸両国では古くから紙漉が盛んであり、烏山和紙の起源は飛鳥・奈良の頃までさかのぼります。中世を通じて生産がつづけられ、安土桃山時代には作られるように。江戸時代には「那須物」としてお隣常陸の西ノ内紙と共に広く流通しました。幕末になると西ノ内紙の流通も烏山の商人が担い、明治に入っても組合が作られるなど製紙業の中心地であったことがうかがえます。