日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 名尾手漉和紙

    佐賀県 和紙 工芸品
    名尾手漉和紙名尾手漉和紙

    名尾手漉和紙とは

    質が緻密で光沢のある和紙です。原料の梶は繊維が長いため耐久性に優れ、繊維同士が絡み合うことで強靭さが生まれます。提灯紙や障子紙をはじめ、民芸品やインテリア用品など使われています。

     

    歴史

    江戸時代中期に名尾の和紙が誕生したと伝えられています。農民の納富由助が耕地が少なく生活が困難なことを心配し、農家の副業として伝えたのがはじまりです。名尾手漉和紙の原料となる梶は自家栽培し、のりはトロロアオイの根を打ち砕いたものを使用しています。