日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 肥前びーどろ

    佐賀県 ガラス細工 工芸品
    肥前びーどろ

    肥前びーどろとは

    佐賀市の重要無形文化財に指定されている吹きガラス製品。型を用いずに成形する宙吹き技法で作られる為に、自然な形状で
    柔らかい雰囲気が特徴です。また現在では肥前びーどろでしか見られないガラス製の吹き竿を使う「ジャッパン吹き」という宙吹き技法で作る“肥前かんびん”や“藍色ちろり”が代表的な商品です。

     

     

    歴史

    1852年、佐賀藩は近代的軍備の研究のために佐賀藩士の佐野常民を中心に蘭学者などを集め理化学研究工場を設立し鉄砲の火薬製造などの研究を行いました。明治時代には鍋島家の管理下となり、1883 年には精錬社という民間会社に変身。1894 年佐賀精錬合資会社に組織を替え、理化学用品やガラス製品を製造。佐賀精錬合資会社で働いていた副島源一郎が独立して創設した副島硝子工業が伝統的な製造技術で今も生産を続けています。