日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 江戸切子

    東京都 ガラス細工 工芸品
    江戸切子

    江戸切子とは

    江戸切子の文様は、矢来・菊・麻の葉模様など、着物にも見られる身近な和の文様を繊細に切子をしているのが特徴です。元々は透明な透き硝子を使用していたが、明治以降薄く鮮やかな色硝子をかぶせるようになりました。カットガラスによる、キラキラとした煌めきも江戸切子の魅力のひとつで、多くの人に愛されています。

     

    歴史

    江戸時代末期、江戸のビードロ屋加賀屋久兵衛が硝子の表面に模様を施したのが始まりです。明治期にイギリスからカットグラスの技術が導入され、江戸切子は更なる発達を遂げ、大正から昭和期にかけて有名になりました。