日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • カガミクリスタル

    茨城県 ガラス細工 工芸品
    カガミクリスタルカガミクリスタル

    カガミクリスタルとは

    透明感と輝き、クリアな澄んだ音色の特徴を持つクリスタルガラス。ガラス原料に酸化鉛を加えたガラスで精選された、高純度の原料と熟練した技術によってつくりだされる最強級のクリスタルガラスです。カガミクリスタルは、ガラス工芸家の各務鉱三(かがみこうぞう)がドイツ留学によってクリスタルガラスの工芸を学び、手吹きやガラスのハンドカット、グラヴィール彫刻を伝えたのが始まり。グラヴィール彫刻は、カッパーホイールエングレービングと呼ばれる技法で、グラヴィール彫刻の中でも最高のものと言われています。

     

    歴史

    クリスタルガラスは17世紀の発明。1934年、各務鉱三によって高度な技術を指導した職人を揃えて日本初のクリスタル専門工場を創立したのが、茨城県龍ケ崎のカガミクリスタルの工場です。