日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 江戸筆

    東京都 その他 工芸品
    江戸筆江戸筆

    江戸筆

    筆の穂先には山羊毛・馬毛・豚毛・たぬき毛いたち毛・猫毛などが使われます。中でも書道用の筆には中国産の山羊毛が多く使われ中でも首下、内腿部の毛が最良の毛として珍重されています。先出造りは、筆の命といわれる穂先を造りだす作業で、金櫛で梳きながら毛先を揃え、毛先の無い毛や逆毛を取り除きます。型造りは、穂の形を作り出す作業で、毛の間のバランスを図り、穂先の美しさを出すには高度の熟練を要します。

     

    歴史

    文房四宝の一つ「筆」は、「日本書紀」の推古天皇の18年(610年)3月の条に、高句麗僧曇徴(どんちょう)が「紙、墨の製法を招来した」と記されており、これが筆、墨、硯、渡来のはじまりと言われています。以来、文化の発展と伝承に欠かすことのできない道具として用途別に各種の筆が製造され、その製造技術も改良されてきました。江戸時代も中期には「寺小屋」が急増し、庶民の間にも筆が普及し大量に使われるようになり、江戸の筆職人の技術もさらに進み多くの江戸名筆を生みました。