日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 江戸刷毛

    東京都 その他 工芸品 木工品・竹工品
    江戸刷毛江戸刷毛

    江戸刷毛とは

    江戸刷毛には、ふすまや掛け軸を作る際に使用する経師刷毛や絵の具を木版に塗るための木版刷毛。人形刷毛や漆刷毛、友禅や更紗などに使用される染色刷毛、歌舞伎役者さんのお化粧に使われる白粉刷毛、塗装刷毛などがあります。
    江戸刷毛として指定されているものは7種類です。刷毛の命は毛先であり、「ムラ塗りが出ない」「コシがある」ものが優良といわれ素材となる毛は用途にあわせて、刷毛師の厳しい目で吟味されています。人毛や馬、鹿、山羊などの獣毛やシュロなどの食物繊維が使われています。

     

    歴史

    刷毛はものを塗るための道具として大変古くから作られていました。文献上、刷毛について記されているもっとも古いものは平安時代に発行されており、そこには漆を塗るためキビの毛が用いられ、さらに麻の毛が用いられたことが記されています。江戸時代中期の享保17年(1732)に発行された「万金産業袋」には当時使用されていたいろいろな刷毛が図入りで紹介されており、その中に「江戸刷毛」があります。