日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 江戸からかみ

    東京都 その他 工芸品
    江戸からかみ江戸からかみ

    江戸からかみとは

    江戸からかみは、和歌を書き記す紙として作られた装飾紙。京からかみが越前奉書紙や鳥の子紙を用いたのに対し、江戸からかみは江戸近郊で作られていた西の内紙、細川紙を使用しています。木版、伊勢型紙を用いる捺染、砂子といった様々な技法で施される繊細な美しい装飾が特徴。継ぎ紙とも呼ばれ、和歌の世界観を緻密に表現しています。

     

    歴史

    江戸時代、京から唐紙の技術が伝わり生産が始まりました。様々な文様が伝えられ、最初は和歌を詠むための綺麗な紙をつくろうという目的から、やがて、その世界が日本の室内全体を美しくするものに広がりました。襖紙の大判化に伴い大胆な意匠が新たに考案され、現代まで継承されています。