日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 水府提灯

    茨城県 その他
    水府提灯

    水府提灯とは

    竹ひご1本1本を輪状にし糸で結う「一本掛け」という技法で作られた提灯です。非常に頑丈であるのが特徴で和紙も茨城県産で水に強い西ノ内和紙を使用しています。

     

    歴史

    水府提灯は、江戸時代、水戸藩が武士の内職として生産を奨励し広まったと言われています。

    日本における提灯の歴史は、遠く室町時代にさかのぼり、ろうそくなど仏教の供灯用具が中国より伝えられ、その後、安全で携帯性にも優れた提灯が登場しました。提灯は、時代とともに仏具から日常生活の照明器具として普及し、現在では、日本の慣習や信仰といった文化の担い手としてその存在を定着させています。