日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 山本勝之助商店

    和歌山県 その他 地場産業
    山本勝之助商店

    山本勝之助商店とは

    商号を「かねいち」といい、明治13年の創業。 棕櫚製品や山椒などの薬種材料等の紀州特産物を製造、販売しています。 創業者である山本勝之助は、若い頃より共存共栄の商いを標榜し、自らの体験を元に、「手廻しせねば雨が降る」など、幾つもの訓語をつくり、多くの日の商売がうまくいくよう願いました。 現在も、時代が変わっても守り続けたいものを伝えながら商いを続けており、棕櫚(しゅろ)という昔ながらの素材を活かしたほうきは、知名度を上げ、一生に3本あれば事足りると言われるほどの耐久性を持ちます。

     

    歴史

    棕櫚箒(しゅろぼうき)が、野上の地において製造され始めたのは、江戸時代の末期と言われています。一枚の棕櫚皮から数本しか取れない貴重な「鬼毛」を用いて、熟練した職人の手により作られる棕櫚箒。「使いやすさ」を追求した先人の知恵と高度な技術により、実用品を越えた芸術品としての様相を醸し出しています。また、棕櫚皮の太い繊維である「鬼毛」は弾力性、耐久性、耐水性に優れた繊維であり、この鬼毛を用いた棕櫚箒は長きにわたり使用することができます。また、畳や床が痛みにくい優しさをあわせ持っています。

    お問い合わせ

    〒642-0024
    和歌山県海南市阪井 山本勝之助商店
    TEL 0000-00-0000
    FAX 0000-00-0000
    http://www.realjapanstore.com/fs/rjps/c/0000000174