日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 東京手植ブラシ

    東京都 その他 工芸品 木工品・竹工品
    東京手植ブラシ東京手植ブラシ東京手植ブラシ

    東京手植ブラシとは

    手植えブラシは引き線と呼ばれるステンレス線により連続して植毛されているため、一穴ごとに植毛されている機械植えに比べとても丈夫です。このような耐久性に優れているという理由から、東京のブラシ製造業者は伝統的な手植え植毛製品が多くの方に選ばれています。。

     

    歴史

    刷子(ブラシ)は明治7年(1874年)ころ、フランス製刷子を手本として製造され始め「洋式刷毛」と称されました。明治10年上野公園で開かれた第一回内国勧業博覧会において西洋型として好評を博しました。これらの洋式刷毛の製造に携わったのが従来の刷毛職人たちであり、毛は馬毛、木材は樫、穴をあけるにも手モミの錐というところから出発しました。