日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 和奏

    滋賀県 その他 地場産業
    和奏

    和奏とは

    和奏は「ふくさ」から生まれたブランド。贈答品に込められた「気」を保つために生まれた「掛け袱紗」が現代の袱紗(ふくさ)の元とされています。ふくさの語源である「ふくさめる」とは、ふんわりとやわらかく包む、ということ。ふくさを軸にした幅広い商品を揃え、ベーシックなふくさはもちろん、ブライダル専用のふくさ、デジタルカメラを包むサイズのふくさを扱っています。日本人のやさしさや思いやりの気遣いに育まれた袱紗(ふくさ)の文化を守り、和奏は『ふくさめる』ことで暮らしをゆたかに楽しく彩りたいと願っています。

     

    歴史

    1971年に創業、滋賀県守山市のふくさメーカー「清原」において、2010年に立ち上げた和雑貨ブランドが「和奏(わかな)」です。滋賀県守山市を拠点とする「清原」は、慶弔に用いる台付・金封ふくさの製造元として1971年に創業した。清原は国内におけるふくさの製造シェアで7割以上を占めています。

    お問い合わせ

    和奏
    http://wa-kana.com/